お歳暮のマナー、知っていますか?

お歳暮なんて贈ったことない…という人でも、
仲良しに年末に挨拶をしたり、クリスマスプレゼントを贈ったりするのではないでしょうか?
なんだか漢字でいうと難しく感じますが、お歳暮はもともと年末に、
その年お世話になった人に向けて感謝の気持ちを込めて物を贈る…という慣習です。
そう、クリスマスと一緒ですよね。

 

その年お世話になった人や会社の上司、習い事の先生に「お歳暮」という形で感謝するのも素敵だと思います。
贈るものは現在では本当に何でもOKだと思いますが、
昔からよくあるのは新巻鮭のような日持ちがする食品のようです。
とはいえ、今ではデパートからサイトまで、様々なお歳暮グッズが様々な値段で用意されているので、
自分らしくて喜んでもらえそうなものなら失礼には当たらない…というのが21世紀マナーではないでしょうか。

 

ただ、NGなのはあんまり遅くにお贈りすること。
年末も近くなると皆さんそれぞれ外出の予定が増えますからね。
クリスマス前までにお贈りするのが一般的なようです。
とはいえ、現在ではあんまり堅苦しく考える人たちが減ってきていますので、
気軽に、そして本当に自分が感謝している!という気持ちを込められることが一番のマナーなのではないでしょうか。
まずはあまり難しく考えず、楽しく大切な人への贈り物を探してみるといいと思います!