知っておきたい!外さない!お歳暮の時期

お世話になった人に感謝の気持ちを込めて、自分がよいと思うものを贈る。
最近ではクリスマスやアニバーサリー…なんていう西洋のスタイルなんかにおされがちで印象が薄くなってきているかもしれませんが、
やっぱり日本式の贈り物の儀式はなんだろう!?…たとえば、答えは夏のお中元と冬・12月に贈るお歳暮ではないでしょうか。

 

特にお歳暮は、一年を締めくくるお礼として、欠かさないという会社もまだまだ多いはず。
ですから、個人的にも日ごろお世話になっている人たちに気持ちを贈るにもふさわしい習慣だと思います。
クリスマスプレゼントではちょっと浮ついてしまう相手…習い事の先生や、
仕事でよくしてもらっている上司、よくしてもらっているご近所さん~に、
まずは感謝を込めて贈ってみてはどうでしょうか?

 

時期は厳密には12月中旬のようですが、
今はそれほどうるさくないので上旬に早めに送ってもマナー違反と目くじら立てる人は少ないようです。
ただ、クリスマス時期以降だと相手先も新年の準備などでご不在のことも多いので、
なるべく20日あたりまでにお送りするか、実際にお持ちするのがベター。
あなたらしさも込めてぜひ感謝の気持ち、お歳暮で伝えてみてはいかがでしょうか?